前へ
次へ

賃貸マンションの解約手続き

賃貸借契約書を交わして必要な費用を支払えば誰でも住める賃貸マンションはとても便利な住まいです。良い部屋があったら借りて住めるし、住んでいて飽きたりその他に良い部屋が見つかったりしたら手続きをすれば解約できます。ただし、賃貸マンションの解約手続きには様々なルールがあるので計画性が大事です。まず今住んでいる部屋を解約して引っ越しをしたいなら、その賃貸マンションの持ち主であるオーナーや管理会社に対して退去することを早めに知らせる必要があります。退去の通知をする期間やその他の取り決めに関しては、入居するときに交わした賃貸借契約書に記載されてあります。一般的に「引越しをする1ヶ月以上前に知らせること」と決められている場合が多いです。ただし契約によっては2ヶ月以上前の場合もあるので、その辺は早めに賃貸借契約書を確認してチェックすべきです。退去通知書が入居前にもらった書類の中に入っていなければ、管理会社や不動産会社に電話をすれば郵送してもらえます。退去通知書の必要事項に記入し、決められた期間内に提出しておくことで引越しの手続きがスムーズに運びます。退去をする期間の家賃に関しては、引越しをする日が月末の場合は前月にすべて支払っているはずです。もしも月の途中に引越しをする場合は家賃が日割り計算になり、その辺の手続きは不動産会社のほうでしてくれます。また、入居するときに敷金を預けていればその返金手続きもあるので、引っ越しをする当日にオーナーや管理会社の担当者などに部屋に来てもらって原状を確認してもらうことも大切です。賃貸マンションを解約・退去するときに一番多いのが、敷金の返金や原状回復費に関するトラブルと言われています。中には原状回復費とは関係のない莫大なリフォーム工事費を請求してくるケースもあるようで、その辺は毅然とした対応を取るべきです。部屋の修理費を除いた分の敷金は、引っ越した後口座に振り込まれます。

古宇利島 ホテル
古宇利島にある全室オーシャンビューのプライベートホテルです。

おしゃれなリフォームも行いたい方はご相談ください
お風呂などの水まわりをおしゃれに仕上げたり、2つの部屋を1つにするリフォームを行います。

Page Top